イラレでフォントを作ってみた。

illustratorでフォントを作る方法

こんばんは!

昨晩、いつの間にか寝落ちしてしまい、手に握りしめたスマホで有料映画をいつの間にか購入してしまっていたブログ主です。

よりによって1500円もするやつでした!!(>_<。)

もったいないから、この後見てみます。面白いといいな・・(笑)

さて、突然ですが。フォントを自分で作りたいと思ったことありませんか?

私はデザインをしていて、文字の種類=フォントを探すけど、「いまいちイメージがピッタリくるものがない。おしいのはあるけど・・・。」

みたいな事が結構あって、以前からフォントを自分で作ってみたいなと思っていました:)

デザイン好きな方はわかってくれると思うのですがフォント選びは服選びより楽しくて、何時間でも見てしまうというドラッグ的な危険性もはらんでいますよね(笑)

そんなわけで作ってみました。

元の文字はこちら↓

これをいじくって・・・。

↓こんな感じになりました:)

ブラシは「鉛筆(斜め)」を使用しました。
秋色:)

手順は簡単!

1.文字を入力する。

2、その文字を右クリックでアウトライン化する。

3、ダイレクトツールで部分部分を伸ばしたり、変形させる。

4、「ウィンドウ」→「ブラシ」で好みの質感にする。

以上です。10分位でできますよ~:)

今回作り方の参考にさせていただいたサイトさんはこちらです。↓

http://media.imejin.biz/illustrator/deform-words

Designers’ Tipsさん、ありがとうございます:)

画像付きでとても説明も丁寧でわかりやすかったので、私も作ってみたいよー。

という方はこちらのサイトをお手本にしてみて下さいね!

それでは、今日はこの辺りで!

御覧いただきありがとうございました(*´ー`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA