PHP For文

PHP学習記録

こんばんは!

今日のPHPおさらいはPaizaのPHP入門編3、チャプター6の「For文」。

最近スイスイ進めていたので完全に調子にのっていたわたくしですが、

演習で躓いた~(>_<。)

For文は大事な所なので、じっくり、ゆっくりやりました。

シンプルな問題は簡単なのですが、 私が難しく感じたのは演習2でした。

「for文+標準入力」の合わせ技だったので頭がこんがらがりました(笑)

【演習2の問題】  

標準入力1行目で与えられる西暦年から、標準入力2行目で与えられる
年数分の西暦年と昭和年の対応表を出力するプログラムを完成させて
ください。出力は1行ずつ「西暦19○○年は、昭和○○年です」
と出力してください。 

(入力値)
 1975
 10 

(期待する値)
西暦1975年は、昭和50年です。
西暦1976年は、昭和51年です。
西暦1977年は、昭和52年です。
西暦1978年は、昭和53年です。
西暦1979年は、昭和54年です。
西暦1980年は、昭和55年です。
西暦1981年は、昭和56年です。
西暦1982年は、昭和57年です。
西暦1983年は、昭和58年です。
西暦1984年は、昭和59年です。 

私がクリアした時の回答コードはこちら↓(変数名を考えるのが面倒で出てきた順番で数字入れてます)

<?php

 $i=trim(fgets(STDIN));
 $i2=trim(fgets(STDIN));
 $i3=$i+$i2;
 
   for($i4=$i;$i4<$i3;$i4++){
      $h=$i4-1925;
      echo "西暦".$i4."年は、昭和".$h."年です。\n";
      }

?>

はい。

同じようにpaizaをやっている人のなにかの参考になればと思ってあげてみました:)

今日も一日お疲れ様でした!

ご覧いただきありがとうございました。

良い週末を~(*´ー`*)

カテゴリーMEMO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA