PHP ランダムおみくじ(進化版)

PHP学習記録

こんばんは!

今日は以前のチャプターで作った「ランダムおみくじ」の進化版を作る方法について学びました!

どこが進化したのかというと、以前学んだrand関数では上限数が決まった状態でランダムな数字を割り当てていったのですが、

今回は、「標準入力のデータの増減に合わせてrand関数を使う事ができるようになる」という内容でした。

ちょっと手こずった演習(笑)私がクリアした時のコードを下に載せておきます。

同じようにpaizaやっていてヒントが欲しい!という方の参考にしていただければ嬉しいです:)

// 標準入力から1行取得
 $input = trim(fgets(STDIN));
 // カンマで分割して配列に代入
 $member = explode(",",$input);
 print_r($member);
 // ランダムの上限値を計算して変数に代入
 $max = count($member)-1;
 // 配列の中身を出力
 $hey= rand(0,$max);
 echo $member[$hey]."\n";
 // ランダム出力

はい。今日で入門編4は終了!

明日から連想配列!前回手こずった記憶しかない(>_<。)

まぁでも、やってみます。(笑)前回よりは少し楽だといいな~。

そういえば、ブロガーのマナブさんがyoutubeで先日のSEOアップデートについて分かりやすい動画を上げてくれていました。

これ結構重要な事を教えて下さっていたので、共有しておきます!

それでは、ご覧頂きありがとうございました!

今日も一日お疲れさまでした:)

カテゴリーPHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA