DB/SQL 合計や平均を集計

paiza DB/SQL入門編

こんばんは!

今日はDB/SQLの続き。データを集計する方法として、SUMやAVG(←エクセルでいうaverageの事をSQLの命令文ではこう書くらしい。)を使う事などを学びました。

「50以上の値を持っているものだけに絞りたい時」はHAVING関数を使います。

【問題】
 サンプルデータベースのeventlogテーブルから、userIDおよび合計の獲得所持金と平均の獲得所持金を表示します。ここに、HAVINGを追加して、合計の獲得所持金が50以上のユーザーだけ表示してください。 
-- ユーザーごとの合計獲得金額と平均獲得金額
 SELECT
     eventlog.userID AS "ユーザーID",
     SUM(events.increase_gold) AS "合計",
     AVG(events.increase_gold) AS "平均"
 FROM
     eventlog
     INNER JOIN events ON events.eventID = eventlog.eventID
 GROUP BY eventlog.userID
 having sum(events.increase_gold)  >= 50;

はい。やっぱりSQLの命令文ってエクセルに似ていますね:)

それでは、今日はこのあたりで!

ご覧いただきありがとうございました:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA