DB/SQL 命令文一覧

paiza DB/SQL入門編

こんばんは!

今日は少し気分を変える為、PHPの復習ではなく、DB/SQL入門編のイーラーニングをしてみました!

データベース操作言語のSQLの基本的なテクニックを学習できるもので、

ログ解析 、アクティブユーザーを調べたり、集計できるというあたりが、現在の仕事にかかわる所でもあってPHPよりもだいぶ興味を持ってできました:)

一流盗賊!・・・盗賊は・・あまり嬉しくないですね。笑

一流になるならもっと別の”魔法使い”とか”パラディン”とかが良いんだけどな:)

さて、自分の備忘録とSQLの基礎を勉強中の方の為に、入門編2のチャプター4までで使用した、SQLの命令文一覧を載せておきます。

=======================================
 -- 全てのデータを取り出す
 SELECT * FROM players;

 -- 一部のカラムだけ取得する
 SELECT name, level FROM players;

 -- 一部の行だけ取得する
 SELECT * FROM players WHERE level >= 7;

 -- 複数の条件を組み合わせる
 SELECT * FROM players WHERE level >= 7 AND job_id <> 6;

 --条件指定とカラム選択を組み合わせる
 SELECT name, level FROM players WHERE level >= 7;
 「where」の条件指定たち
 a = b    a と b が等しい  level = 10
 a < b    a が b よりも小さい    level < 15 a > b    a が b よりも大きい    level > 7
 a <= b    a が b 以下である level >= 15
 a >= b    a が b 以上である level >= 7
 a <> b    a と b が等しくない    level <> 1

 【データを表示する】=======================================

 -- データ件数を表示する
 SELECT COUNT(*) FROM players;

 --条件に合ったデータの件数を表示する
 SELECT COUNT(*) FROM players WHERE job_id = 6;

 -- データを並び替えて取得する
 SELECT * FROM players ORDER BY level;

 -- データを並び替えて取得する 逆順
 SELECT * FROM players ORDER BY level DESC;

 --上位3件だけ表示す
 SELECT * FROM players ORDER BY level DESC LIMIT 3;

 -- 職業ごとに人数を集計する
 SELECT job_id, COUNT(*) FROM players GROUP BY job_id;

 【データの追加削除】=======================================

 -- データを追加する
 INSERT INTO players(id,name,level,job_id) VALUES(11, "霧島1号", 1, 1);

 -- データを追加して表示する
 INSERT INTO players(id,name,level,job_id) VALUES(12, "霧島2号", 1, 1);
 SELECT * FROM players;

 -- 一度に複数のデータを追加する
 INSERT INTO players(id,name,level,job_id)
 VALUES
 (13, "霧島3号", 1, 1),
 (14, "霧島4号", 1, 1)
 ;
 SELECT * FROM players;

 -- データを更新する
 UPDATE players SET level = 10 WHERE id = 11;
 SELECT * FROM players;

 -- データを更新する。1増加
 UPDATE players SET level = level + 1 WHERE id = 12;
 SELECT * FROM players;

 -- データを削除する
 DELETE FROM players WHERE id = 13;
 SELECT * FROM players;

 -- データを削除する
 DELETE FROM players WHERE id >= 11;
 SELECT * FROM players;

【テーブル結合】=======================================

 -- テーブルを結合して表示する(内部結合)
 SELECT * FROM players INNER JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id;

 -- テーブルを結合して表示する(左結合)
 SELECT * FROM players LEFT JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id;

 -- テーブルを結合して表示する(右結合)
 SELECT * FROM players RIGHT JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id;

【結合したテーブルの操作】=================================

 -- 結合したテーブルを操作する
 SELECT * FROM players INNER JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id;

 -- 結合したテーブルで、指定カラムだけ表示
 SELECT name, level, vitality FROM players INNER JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id;

 -- 結合したテーブルで、条件に合った行だけ表示
 SELECT name, level, strength FROM players INNER JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id WHERE strength >= 5;

 -- 職業ごとに人数を集計する
 SELECT job_id, job_name, COUNT(*) FROM players INNER JOIN jobs ON jobs.id = players.job_id GROUP BY job_id;

エラーが出て実行されない時は以下をチェック。
 ※SELECTのカンマ忘れ、カンマ多すぎ注意!
 ※テーブル連結時のテーブル名不足!
 ※WHEREでAND忘れ!

 【SQLのログ解析】 =======================================

 -- 日次のアクセス数を求める
 SELECT DATE(startTime), COUNT(logID)
 FROM eventlog
 GROUP BY DATE(startTime);

 -- ある期間のアクセス数を求める
 SELECT DATE(startTime), COUNT(logID)
 FROM eventlog
 WHERE DATE(startTime) BETWEEN "2015-04-01" AND "2015-04-30"
 GROUP BY DATE(startTime);

 -- 月次のアクセス数を求める
 SELECT DATE_FORMAT(startTime, '%Y-%m'), COUNT(logID)
 FROM eventlog
 GROUP BY DATE_FORMAT(startTime, '%Y-%m');

 --カラム名を別名で表示する 
 SELECT userID AS "アクティブユーザー"
 FROM users;

 --重複した行を省いて表示する 
 SELECT DISTINCT userID AS "アクティブユーザー"
 FROM users;

 --空のカラムの行を表示する
 SELECT userID AS "アクティブユーザー"
 FROM users
 WHERE deleted_at IS NULL;

  ======================================= 

何かの参考になれば嬉しいです(*´ー`*)

それでは皆さん良き週末をお過ごしください♪

ご覧いただきありがとうございました:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA